2019年04月22日

大変久しぶりのブログとなりまして申し訳ありません。

今後共、どうぞよろしくお願い申し上げます。

次のような話を読んだことがあります。

300年の徳川幕府の時代が終わりに近づいていた頃です。

外国から日本に初めてやってきたのは、ペリー艦長の乗った黒船艦隊の人たちでした。

ちょうどその頃、キリスト教の宣教師たちも次々と来日しました

ある日、東京湾を一隻の船が航行していました。

一人の外国人が、デッキの上の手すりによりかかって熱心に聖書を読んでいました。

と、その時です。風がさあ~と吹いてきて、聖書がパラパラとめくれ、あっという間に

聖書が手元から離れ、海に落ちてしまいました。「しまった。どうしよう。」と思いましたが、

どうすることもできません。その外国人はとっさに、「神様、誰かがあの聖書を見つけて

拾ってくれますように」とお祈りしました。その後、聖書はどうなったでしょうか?

その聖書を発見した人がいたのです。その人は、佐賀の鍋島藩の家老で村田若狭

(むらた・わかさ)という侍でした。たまたま用事があって長崎に来ていたのです。

ある日、海をながめていますと何かがプカプカと浮かんでいるのが見えました。

さっそく家来に命令して取って来させると、一冊の本でした。どうしてこんなものがと思いながら、

破れないように本を開いてみましたが何が書いてあるのかさっぱりわかりませんでした。

日本語ではなかったからです。村田若狭は、この本は自分が今まで読んだ本とは

全く違うことが書いてあるに違いないと思ったようです。

なんとかしてこの本のことを知りたいと思い、色々な人に尋ねてみた結果、

その本は当時、読むことを禁止されていたキリシタンの本であることがわかりました。

村田若狭は、だめだと言われると余計に読みたくなり、中国語で書いてある聖書を探すようにと

家来を上海に送りました。村田若狭は、中国語を読むことができました。

やっと手に入れた中国語の聖書を、何度もくり返して読みました。

その後、オランダ人の宣教師から聖書を教えてもらい、聖書を拾ってから4年後の1866年5月20日、

村田若狭と彼の弟の綾部三右衛門(あやべ・みうえもん)の二人は洗礼を受けてクリスチャンになりました。

この二人こそ、日本における最初のクリスチャンのグループに入った人たちでした。

その後、村田若狭の子供たち、友達、家のお手伝いさんがイエス・キリストを信じたと言われています。

東京湾に落ちた聖書が流され、長崎で拾われました。

「あなたの御言葉はわが足のともしび、わが道の光です。」(詩篇119篇105節・旧約聖書)

聖書は人生の教科書です。あなたも、聖書をお読みになってみませんか?

2018年11月30日

メリークリスマス!

来る12月22日(土)16:00~17:30   アドベンチストメディカルセンター内のAMC時の森教会にて、

子供クリスマス会を開催いたします。

皆様のお越しをお待ちしております!

2018年11月30日

今から200年前の話です。

オーストリアの聖ニコラス教会のモール神父は、教会のオルガニスト兼聖歌隊指揮者のフランツ・グルーバーのところに、

新しいクリスマス讃美歌の歌詞を書いて持っていきました。

モール神父がグル―バーに会うやいなや、モール神父は大変なことを聞きました。その日の朝、グル―バーがオルガンを

弾こうとすると音が出なかったというのです。調べてみると、ネズミがオルガンの中に入って、ふいごを噛み切ったらしいと

言うのです。オルガンを直すには、2週間はかかります。教会のオルガンが壊れているので、クリスマスイブの深夜のミサ

には使えないだろうと言うのです。モール神父は、、よりによってオルガンが使えないと聞いて、クリスマス讃美歌の伴奏は

どうしたらよいものかと途方に暮れました。

その時、モール神父はとっさに思い立って、自分が持ってきたクリスマス讃美歌の歌詞をグル―バーに見せて、

「これに曲をつけてくれないか? 深夜のミサで歌おう。オルガンの代わりにギターの伴奏でやったらどうか。」と言いました。

すると、グル―バーは、「自分はギターは弾けないし、作曲など無理だ。」と言いました。

しかし、、モール神父は諦めませんでした。

「ギターのコード3つぐらいは知っているだろう?」モール神父の言葉にグルーバーがうなずくと、モール神父が

「じゃあ、今夜、君の伴奏で新しいクリスマス讃美歌を歌おう!」と言いました。

グルーバーは早速、作曲にとりかかり、美しいメロディーができあがりました。二人は、この讃美歌に和声をつけて

二重唱で歌いました。楽譜が完成したのは、ミサが始まる30分前でした。

そのクリスマス讃美歌とは、大変よく知られている「きよしこの夜」です。

こうして、新しいクリスマス讃美歌が世界で初めて歌われ、演奏されたのです。

モール神父もグル―バーも、まさか「きよしこの夜」の讃美歌がチロルの山を越えて、世界に広がるとは夢にも思いません

でした。

オーストリアの小さな村で誕生した「きよしこの夜」の讃美歌は、多くの言語に訳され、世界中で歌われています。

クリスマス讃美歌の「きよしこの夜」は、オルガンの故障という最悪と思われる状況の中から生まれた讃美歌です。

2018年09月26日

南国沖縄も、朝晩は涼しくなってきました。季節の変わり目です。くれぐれもお身体にはお気をつけください。

さて、今日は皆様にAMC時の森教会主催の講演会のご案内をさせていただきたいと思います。

今年の5月に続き、下記の通り、「キボウのトビラ」(希望の扉)講演会 Part2を開催いたします。

ぜひ、ご家族、ご友人、お誘い合わせの上、お越しください。


~聖書を開くと見える、豊かに生きるヒント~

聖書の最後の書、「ヨハネの黙示録」からイエス・キリストの救いのメッセージをお届けいたします。

と き   10月12日(金) 13日(土) 14日(日) 19日(金) 20日(土) 21日(日) 6回

       午後7時~8時30分

ところ      AMC時の森教会(アドベンチストメディカルセンター内)

連絡先  098-946-2833 (アドベンチストメディカルセンターと兼用) 担当:吉村 忍

講 師      吉村 忍(AMC時の森教会牧師・アドベンチストメディカルセンター病院付牧師)

      松本ノリス(AMC時の森教会長老・アドベンチストメディカルセンター院長)

演 題   12日(金) 「神の啓示」 (松本)

       13日(土) 「2300年の預言」 (吉村)

       14日(日) 「変更された安息日」 (松本)

       19日(金) 「あなたへの最後の訴え」 (吉村)

       20日(土) 「最も驚くべき預言」 (松本)

       21日(日) 「真の教会とは?」 (吉村) 

2018年09月 9日

沖縄には、多くの黄金の言葉(くがにくとぅば)と呼ばれる知恵と教訓の言葉があります。

その一つに、「けらま(慶良間)みぃしが まちげーみぃらん」という黄金言葉があります。

この言葉は、「遠くにある慶良間島は見えても、自分のまつ毛は見えにくい」という意味です。

言い換えますと、「自分のこと、身近な物事は意外と気づかないものだ」ということを教えた言葉です。

聖書には、次のように書いてあります。「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、

なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって『あなたの目からおが屑を

取らせてください』と、どうして言えようか。自分の目に丸太があるではないか。」

(新約聖書・マタイによる福音書7章3節~4節)

この聖書の言葉と、冒頭の黄金言葉の「けらま(慶良間)みぃしが まちげーみぃらん」とを

読み比べてみますと、とても似ている言葉であることがわかります。

聖書は、「兄弟の目にあるおが屑(人の欠点)は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太

(自分の欠点)に気づかないのか。」と述べています。人の欠点は、小さいものであっても

よく見えるものです。しかし、自分の欠点にはなかなか気づかないものです。

このような話を聞いたことがあります。「あの人が悪い!」と相手を指差す時、相手のほうに

指が1本向いていますが、自分には3本向いているというのです。この話は、とても考えさせられる

話として、私の心に印象深く残っています。

聖書には、次のように書いてあります。「イエスは、私達のために命を捨ててくださいました。

そのことによって、私達は愛を知りました。」(新約聖書・ヨハネの手紙Ⅰ、3章16節)

「こんな私のような者のために」、罪のないお方、イエス・キリストが十字架で身代わりと

なって命をささげてくださったことを知る時、誰も自分を誇ったり、相手の欠点を指摘する

ことができなくなります。人はイエス・キリストを通して、はじめて愛を知ることができます。

イエス・キリストは、私達が人を愛し、赦し、受け入れることができるようにしてくださるお方です。

2018年07月31日

 私事で恐縮ですが、大学生の頃、タイでの教会建築のボランティア活動に参加したことがあります。

約3週間のタイでのボランティア活動と生活は、忘れることのできない貴重な思い出です。

タイでの生活で一番といっていいほど大切だったものは「水」でした。

私たちは毎日、井戸水を沸騰させ、飲み水にしたり、食事を作るために使っていました。

家の中や外には大きな水を入れる「かめ」が置いてあり、少なくなっていることに気づいた人が水をつぎ足すことになっていました。

 ある日のこと、子供たち数名が水を入れたバケツを持って私たちが宿泊していた家に向かってくるのが見えました。

はじめは、いったいなぜ水を持ってきたのかわかりませんでしたが、しばらくして、その子供たちが家の「かめ」に水を入れている

のを見て、ハッとしました。本当ならば、私たちが少なくなった「かめ」に水を入れなければならなかったところを、私たちよりも

先に気づいた子供たちが、水を汲んできてくれたのです。しかも、その子供たちの顔はみんな笑顔で輝いていました。

水汲みの作業は大人でも決して簡単とは言えない作業です。ましてや、子供にとっては、水が入ったバケツを持って歩くという

ことは本当に大変な作業だったと思います。

 あの日、私たちは子供たちが示してくれた優しさに感動で胸が熱くなったと同時に、恥ずかしい思いになりました。

聖書の中に、次のような言葉があります。

「私たちは言葉や口先だけで愛するのではなく、行いと真実とをもって愛し合おうではないか。」 ヨハネの第一の手紙 3章18節(新約聖書)

私は、水汲みをしてくれた子供たちの優しさと笑顔を思い出すたびに、愛を言葉だけではなく、表情や行動を通してあらわすことの大切さを強く感じます。

2018年06月15日

わたくしごとですが、5月の15日間連続講演会の後、ダウンしてしまい、

多くの方々にご迷惑をおかけいたしました。

今、風邪が流行っています。皆様も、くれぐれもお体にはお気をつけください。

さて、聖書の中に、次のような話があります。

そしてエサウは言った、「さあ、立っていこう。わたしが先に行く」。

ヤコブは彼に言った、「ごぞんじのように、子供たちは、かよわく、

また乳を飲ませている羊や牛をわたしが世話をしています。

もし1日でも歩かせ過ぎたら群れはみな死んでしまいます。

わが主よ、どうか、しもべの先においでください。

わたしはわたしの前にいる家畜とこ子供たちの歩みに合わせて、

ゆっくり歩いて行き、セイルでわが主と一緒になりましょう。」

創世記33章12~14節(旧約聖書)

ここに記されているエサウとヤコブは、双子の兄弟でした。

兄エサウが自分のペースで「出かけよう」と弟ヤコブに言ったのに対して、

ヤコブは、「私は、ここにいる家畜や子供たちの歩みに合わせてゆっくり

進みます。」と答えました。ヤコブは、自分のペースに合わせようとするのではなく、

家畜や子供たちのことを気にかけて、自分が合わせていこうとしました。

ヤコブの言葉は、イエス・キリストの姿を私たちにあらわしているように思います。

イエス・キリストは、私たちの気持ちを知ってくださり、私たちの歩みに合わせて

ゆっくりと歩いていてくださるお方です。

 
 

鉄砲百合

カテゴリ:

2018年05月10日

沖縄は鉄砲百合の季節になりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

AMC時の森教会がありますアドベンチストメディカルセ
ンターでは、今がちょうど鉄砲百合の見頃を迎えています。

皆様は、百合の花を見て、どのような感じを持たれるでしょうか?

イエス・キリストが山の上でなさった説教の中で語られた

言葉の中に、「野の花がどうして育っているか、考えて

見るがよい」(マタイによる福音書6章28節 口語訳)

という言葉あります。

毎年、時期が来ると病院の周りに咲く百合を見ながら、

自然界の神秘を感じます。

百合は、神様から人間に与えてくださった

すばらしいプレゼントです。

百合の純白な姿を見ながら、私はイエス・キリストの罪、汚れの

ない、清らかなご品性を思います。

私も、イエス・キリストのような清い心をいただきたいと思います。

ユリ2.JPG

ユリ1.JPG

2018年04月 3日

今年、日本のセブンスデー・アドベンチスト教会では、全国各地において

「キボウのトビラ」講演会を予定しております。

皆様のご出席を心よりお待ちいたしております。

AMC時の森教会での講演会日程は、下記のとおりです。

日 時 5月12日(土)~26日(土) 15回連続

場 所 AMC時の森教会(アドベンチストメディカルセンター内)

時 間 土曜日:午前10時より

     日曜日~金曜日:午後7時より

内 容 「ヨハネの黙示録」からのメッセージ

講 師 吉村 忍(教会牧師)、松本ノリス(教会長老)

 

キボウのトビラチラシ.JPG

2018年04月 3日

 私は、日常のさまざまな場面でj自分が話しすぎていることに気づかされ、反省する毎日です。

次の聖書の言葉と詩を読む時、話すことよりも、「聞く」ことの大切さを強く感じます。

「聞くに早く、語るに遅く・・・・・」(ヤコブの手紙1章19節)

 詩 「聴いてください」

「私の話を聴いてください」と頼むと、あなたは助言を始めます。

私はそんなことを望んではいないのです。

「私の話を聴いてください」と頼むと、あなたはその理由について話し始めます。

申し訳ないとは思いつつ、私は不愉快になってしまいます。

「私の話を聴いてください」と頼むと、あなたは何とかして、私の悩みを解決しなければという気になります。

おかしなことに、それは私の気持ちに反するのです。

 祈ることに慰めを見出す人がいるのは、そのためでしょうか。

神は、無言だからです。

助言をしたり、調整しようとはしません。

神は聴くだけで、悩みの解消は私にまかせてくれます。

 だから、、あなたもどうか黙って私の話を聴いてください。

話をしたかったら、私が話し終わるまで、少しだけ待ってください。

そうすれば、私はあなたの話に耳を傾けます。

ページの上部へ